CITIZEN CT-S255/CT-S257をウェブブラウザから利用できるようにする(iPad)
対象ユーザー

作成日:2023/04/22

更新日:2023/04/22

ここでは CITIZEN CT-S255 または CT-S257 レシートプリンターを iPad のウェブブラウザからも利用できるようにするための設定について説明します。

端末アカウントでログインしてください

この設定を行うには、端末アカウントでログインしている必要があります。

1 つの端末アカウントを異なる環境で、同時にログインすることはできません。

  • ユーザー(従業員)アカウント ... 同時ログイン可能
  • 端末アカウント ... 同時ログイン不可

端末アカウントを作成

対応する接続方式

有線 LAN


この設定で利用できるプラットフォーム

プラットフォーム 利用可否 説明
ウェブブラウザ Google ChromeやMicrosoft Edgeなどのウェブブラウザ(PWA含む)から直接周辺機器を制御することができます。
Windowsアプリ 専用アプリのNative Bridge機能を利用してOPOS対応周辺機器を制御します。
iOSアプリ 専用アプリのNative Bridge機能を利用して周辺機器を制御します。
Androidアプリ 専用アプリのNative Bridge機能を利用して周辺機器を制御します。
SPIRE Device Controller (Windows) 専用アプリを経由してOPOS対応周辺機器を制御することができます。設定方法(サポート対象外)

1. プリンターを接続する

SPIRE では有線 LAN または無線 LAN で接続された CITIZEN CT-S255/CT-S257 を直接制御することができます。

取扱説明書も参考に設置してください。

CT-S255 取扱説明書

CT-S255 オンラインマニュアル

CT-S257 取扱説明書

CT-S257 オンラインマニュアル

CIITIZEN CT-S2555 Rear

機種により背面パネルの仕様が異なります。

CITIZEN CT-S255 Rear Panel

SPIRE POSとプリンターを同じネットワークに接続する必要があります

SPIRE POS を運用する端末(タブレット・PC など)からレシートプリンターに接続するには、すべての機器を同一のネットワーク内に接続する必要があります。

異なるルーターやモデム、フリー WiFi などに接続した場合、レシートプリンターへ接続できませんのでご注意ください。

ネットワーク構成

2. ネットワーク情報を出力する

以下の手順でプリンターのネットワーク情報をレシートに印刷します。

  • プリンターの電源を入れます。電源が入ってから、約 20 秒後に本ボードの動作が開始します。
  • 背面のパネルボタンを 1 回押します。

レシートが出力されるので印刷された内容のIP Address項目に現在プリンターに割り当てられている IP アドレス 192.168.*.* を確認します。

EPSON I/.F Board Information

IP Addressに何も印字されていない場合は LAN ケーブルが正しく接続されていることやルーターのセキュリティ設定をご確認ください。


3. プリンターの IP アドレスを固定する

通常、プリンターに割り当てられる IP アドレスはお使いのネットワークルーターにより LAN ケーブルを接続すると自動的に割り当てられます。

しかし、プリンターの電源を入れる度にルーターから IP アドレスの振り直しが行われるため、前回割り当てられていた IP アドレスと異なってしまうことがあります。

IP アドレスが変わってしまうと SPIRE の IP アドレス設定も変更しなくてはならないため、IP アドレスが変わらないように固定する必要があります。

以下の手順でプリンターに割り当てられる IP アドレス固定することができます。


SPIRE の設定画面を開きます。


[設定] > [周辺機器設定]


IP アドレスにプリンターの IP を入力してをクリックするとプリンターの設定画面が開きます。

Access admin page1


ブラウザのアドレスバーに直接プリンターの IP アドレスを入力して設定画面にアクセスすることもできます。

例: http://192.168.1.2

Access admin page2

設定画面が開いたらCONFIGをクリックします。

citizen static 02


ログインのためにユーザー名とパスワードを求められますので以下の通り入力してログインします。

  • ユーザー名:admin
  • パスワード:admin

citizen static 02


Use the following IP Addressを選択しIP Addressにレシートに印刷された IP アドレスを入力してSubmitをクリックします。

citizen static 03


OK をクリックします。

citizen static 04


Maintenanceタブを開きSave & Rebootをクリックします。

citizen static 09


Yesをクリックします。

citizen static 10

設定が保存されてプリンターが再起動されます。

完了するまでお待ちください。

再起動が終わると初期画面に戻ります。


4. 証明書を設定して https 通信を有効にする

次に SPIRE から暗号化された通信を行うために SSL 設定をする必要があります。

SSL/TLS タブを開き、Self-signed Certificate のCreateをクリックします。

citizen static 05


  1. Common Name にプリンターの IP アドレスを入力します。
  2. Validity の日付は現在の年月から 13 ヵ月以内で設定してください。
  3. Createをクリックします。

※Apple 製品では 2020 年 9 月 1 日以降に発行される証明書の有効期限が 13 ヶ月を超えるものは信頼されなくなります。

信頼済み証明書に関する今後の制限について

citizen setting


OK をクリックします。

citizen setting


Service 項目を Disable からEnableになっていることを確認してください。

Exportをクリックして SSL 証明書をダウンロードします。

citizen setting


確認画面が表示されますので許可を押します。

citizen setting

ファイルがダウンロードされるとメッセージが表示されます。

citizen setting


Submitを押して設定を反映します。

citizen setting

Maintenanceへ移動してSave & Rebootを押します。

citizen setting


Yesを押します。

citizen setting


プリンターの再起動が始まります。

citizen setting


先程ダウンロードした証明書の設定を行います。

iPad のホーム画面を表示して設定を開きます。

左メニューの「プロファイルがダウンロード済み」を押します。

citizen setting

証明書の内容が表示されるのでインポートを押します。

citizen setting

iPad にパスコードを設定している場合は入力します。

citizen setting

インポートを押します。

citizen setting

確認が出ますのでインポートを押します。

citizen setting

インストールが完了すると検証済みという表示に変わります。

完了を押してこの画面を閉じます。

citizen setting

インストールされた証明書は「構成プロファイル」一覧に表示されます。

citizen setting

次に ePOS-Device を有効にします。

※ Epson Net Config に ePOS-Device がない場合、ファームウェアのアップデートを行ってください。


ePOS-Device を開きます。

Enable に変更します。

Send をクリックします。

EPSON Customer Display Setting

Reset をクリックするとレシートプリンターが再起動します。完了するまでお待ちください。

EPSON Customer Display Setting

続いて SPIRE POS の設定を行ってください。


5. SPIRE のプリンター設定を行う

最後に SPIRE POS でプリンターの設定を行います。


[設定] > [周辺機器設定] > [レシートプリンター]


レシートプリンターを利用するを ON にします。

制御方法はダイレクト印刷を選択します。

プリンターの種類を選択します。

  • CT-S255 58mm 幅のレシートを利用する場合 CITIZEN CT-S255 (58mm)

  • CT-S255 80mm 幅のレシートを利用する場合 CITIZEN CT-S255 (80mm)

  • CT-S257 58mm 幅のレシートを利用する場合 CITIZEN CT-S257 (58mm)

  • CT-S257 80mm 幅のレシートを利用する場合 CITIZEN CT-S257 (80mm)

IPアドレスにプリンターの IP アドレスを入力。

SPIRE Receipt Printer Setting

設定を保存してからテスト印刷を押して正常に印刷できるか確認してください。


キャッシュドロア・カスタマーディスプレイ

キャッシュドロアやカスタマーディスプレイをご利用の場合は各設定を ON してください。

CITIZEN CT-S255/CT-S257をご利用の場合、対応するカスタマーディスプレイはCITIZEN DSP01です。

CITIZEN DSP01以外のカスタマーディスプレイはご利用いただけません。

CITIZEN DSP01

SPIRE POS のカスタマーディスプレイ設定でCITIZEN DSP01を選択して保存してください。

CITIZEN DSP02
SPIRE Banner Follow us on Facebook