クラウド会計「freee」と連携する
対象プラン
対象ユーザー

作成日:2021/01/17

更新日:2021/01/17

SPIRE POSからクラウド会計「freee(フリー)」アプリを追加することで、SPIRE POSの売上をfreeeへ自動で登録することができます。

売上は各店舗・端末の閉店処理データに基づきfreeeに仕訳登録されます。

この設定を行うには、管理アカウントまたは権限を付与されたユーザーアカウントでログインしている必要があります。

この設定を行う前に消費税設定を追加しておいてください。

消費税を登録する


1. アプリストアから「freee」へ接続する

freeeとの連携機能を有効にするにはSPIRE POSのアプリストアから設定を行いアプリを追加します。


[設定] > [アプリストア]


アプリストアのアプリ一覧から「freee - 会計フリー」をクリックしてfreeeの設定ページへ移動します。

freee会計

をクリックします。

freee会計

別ウィンドウでfreeeのログイン画面が表示されるのでログインします。

freee会計

アプリ連携の確認画面が表示されるのでをクリックします。

freee会計

正常に接続が完了すると次の画面へ移動します。

続いてSPIRE POS側で設定を行うのでこの画面は閉じて構いません。

freee会計

2. SPIRE POSの連携設定を行う

SPIRE POSのアプリストアに戻りをクリックします。

freee会計

勘定科目を設定する

事業所一覧から連携する事業所を選択すると勘定科目設定が表示されます。

デフォルトで取引に応じた勘定科目が選択されていますが、必要に応じてfreeeに反映する勘定科目を変更します。

freee会計

一覧のをクリックすると勘定科目の税区分を設定することができます。

税率に応じてデフォルトで税区分が選択されていますが、必要に応じて変更してください。

freee会計

クレジットカードの決済手数料は基本的に「非課税」となりますが、決済を取り扱う会社によって「課税」「非課税」が異なります。

決済代行会社と契約している場合は請求書などをご確認ください。

SPIRE POSの「手数料」をfreeeと連携する場合、デフォルトの税区分は「非課税」となっていますが、実状に合わせて設定を変更してください。

国税庁 - クレジット手数料について


口座を設定する

支払方法に応じてfreeeに登録される口座を設定します。

口座タブへ移動して設定してください。

をクリックすると以下のSPIRE用の口座をfreeeに作成します。


  • 売掛金(SPIRE)
  • クレジット(SPIRE)
  • デビット(SPIRE)
  • 電子マネー(SPIRE)
  • QR決済(SPIRE)
  • クーポン(SPIRE)
  • 商品券(SPIRE)
  • ギフトカード(SPIRE)
  • その他(SPIRE)

現金以外は「未選択」または「売掛金」でも構いません。

未選択の場合「決済中の取引」として売掛金で登録され、売上入金時にfreeeで決済処理が必要になります。

各支払方法に対応した管理しやすい口座を選択してください。

freee会計

部門を設定する

まだ部門を登録していない場合はfreeeで新しく部門を登録してください。

freeeの[設定] > [部門設定]を開きます。

freee会計

「新しい部門を登録」をクリックします。

freee会計

ここではSPIREの店舗と関連付けるため、部門名を店舗名の「新宿店」としています。

部門名を入力したら「作成する」をクリックします。

freee会計

必要な部門をすべて登録したらSPIREの設定に戻ります。

freee会計

freeeに登録したデータをSPIRE側で選択できるようにをクリックしてfreeeのデータを取得し直します。


部門タブへ移動します。

freeeの部門を選択してSPIREの店舗と関連付けしてください。

freee会計

部門を関連付けることでfreeeへは次の通り登録されます。

freee会計

掛売販売は未決済として登録されます。


アプリを追加する

最後にfreee連携でエラーが発生した際に通知するメールアドレスを入力します。

3回連続でエラーが発生した場合、登録されたメールアドレス宛にエラー通知が送信されます。

この時点で連携機能は停止状態になりますので、アプリストアでfreeeへの再接続と設定内容の確認をしてください。


をクリックして設定内容の保存してアプリを有効化することでfreeeとの連携を開始します。

freee会計

設定が保存されるとメッセージが表示されます。

freee会計

口座へ入金があったときの処理

クレジットカードなどの決済による売上金の入金があった場合、入金口座から銀行口座へ振替登録を行う必要があります。

資金の移動を登録する(口座振替)

freee会計

SPIRE POSの手数料の連携を有効にしている場合

freee会計

SPIRE POSで各決済に手数料を設定してfreeeと連携している場合は、既に手数料を考慮した仕訳が登録されているので、口座振替では決済手数料を省いた入金額のみ登録します。

freee会計

SPIRE POSの手数料の連携を無効にしている場合

freee会計

SPIRE POSで手数料を設定していない場合や手数料をfreeeと連携させていない場合は、口座振替に決済手数料を含めて登録してください。

freee会計

口座連携を未選択にしている場合

freee会計

SPIRE POSの支払方法とfreee口座の連携を(未選択)としている場合は「決済中の取引」として売掛金で登録され、売上の入金時にfreeeで決済処理が必要になります。

freee会計

連携のタイミングについて

SPIRE POSでは1日2回閉店処理データのチェックを行い、新規登録または更新された閉店処理データを基にfreeeへ取引が登録または更新されます。

閉店処理を行ってから直ぐにはfreeeへ取引データが登録されませんので、登録されるまでお待ちください。

SPIRE Banner Follow us on Facebook